個別対策におすすめ「世界一わかりやすい〇〇の英語」シリーズ

大学入試でも特に重要な教科のひとつ、英語。文系ならば周りもみな出来るため英語は絶対に落とすことが出来ない重要な教科ですし、理系であれば周りに苦手な人が多い分英語で点を稼いでおけば有利に受験を進めることができるでしょう。
そんな英語も大学の個別試験では各学校でその傾向が多くなります。長文読解や会話文を多く出題する学校、文法やイディオムの出題量が多い学校、傾向のつかみにくい学校などなど出題傾向や方式は多岐にわたります。
私は受験のときに英語は一体何を勉強すればよいのだろうと思いましたがそんな時に出会ったのが「世界一わかりやすい〇〇大学の英語」というシリーズです。各大学の傾向を踏まえながら問題形式ごとに章がわかれており、それぞれの形式についての注意点や解くときのコツなどがプロの分析のもと詳しく解説されています。これを活用するには単語や熟語、文法事項などの基礎知識が前提となりますが、それらを習得したあとに何をして良いのか分からないというに人にとてもおすすめできる本です。
赤本をがむしゃらに進めるのではなく、傾向を掴みながら効率よく勉強を進めれば合格は確かなものになると思います。