日本の地震や海外の地震の対応について研究

地震について習得をしました。1995階層の兵庫県内南部地震では家の倒壊や斜面破壊などにより、大きな損傷が出ました。1923階層の関東地震では、地震後の火災でも多くの人命が失われています。地震にとも乏しい海底で速攻で大寸法な本拠地の隆起や沈降が起こると頻度数十分、波長数百kmもの波が生じます。そんな波を津波といいます。1960階層のチリ地震は海底下で起こった結果、約22タイミング後に地球の反対側に残る日本の太平洋岸に津波が到達し、三陸海岸を中心に大きな損傷を起こしました。三陸海岸はリアス式海岸で、VTR字形に開いた湾の裏に津波が押し寄せ、非常に大きな波高の波となったためです。1993階層の北海道南西沖地震では、震源にほど近い奥尻島が津波の損傷を受けましたが、津波は海抜総和mから至福20mをこえる高度にまで達しました。このようなことを覚えましたが、久しぶりに聞いたこともあったので懐かしかったですし、勉強になりました。アコム 土日 融資